Menu
犬ぞりを楽しむ

太陽の光の中で走る

スタートする前に、あなたは素晴らしいライカやハスキーと会います。それらの犬は「ベリンギヤ」という伝説なる犬そりレースにも参加する経験者です。「かわいすぎる」犬や子犬はあなたを迎えて大きい声で元気にワンワンと吠えます。では、自分の役割(乗客または犬チームの「運転手」)を選択して、太陽が昇る先へと進む準備がオーケーです。

さほど昔ではない頃には、犬をそりに付けるカユールという犬そりの運転手は人々の生活や命を救うことができました。雪に覆われた平野を走り、雪の漂流や山ほど積もった雪の丘を乗り越えて、犬そりは北部の村に食べ物、薬、郵便物、人々を届けました。現在、犬そりを使うところがほとんどありませんが、カムチャツカを旅行するなら、ぜひそり犬の犬小屋への訪問を見逃さないでください。素晴らしい経験になりますよ。

БОЛЬШЕ ФОТО

そり犬の生活と訓練の秘密や、ナルトィというカムチャツカのそりの作り方の規則は慎重に守られ、カムチャッカの先住民によって世代から世代へと受け継がれています。結局のところ、カムチャツカ半島でこそロシアの犬そりスポーツが始まったのです。1990年には、最初の犬そりレース「ベリンギヤ」が開催されました。これは単なる競争ではなく、伝統を守る方法であり、カムチャッカのすべての居住者や観光客にとって素晴らしいイベントなのです。現在では、犬そりレース「ベリンギヤ」は単なる目障りな冒険ではなく、世界的に有名なブランドでもあり、その成果はギネスブックにも記録されています。2018年のレースの長さは2101キロになりました。つまり、カムチャツカ半島の中心部に位置するミルコヴォ村からチュコトに至るまで、カムチャッカ全土を犬そりで旅行したということになりました。この結果はロシアの記録簿に記録されています!

犬そりレース「ベリンギヤ」は犬そりレースで世界一長いレースです。ギネスブックに数回記録されたものです。


アドレナリンいっぱいの経験


そよ風と競争しあい、白雪の広がる平野を恐れずに走り、そして犬にエネルギーを補充することを夢見ませんか。カムチャツカの犬小屋では、大人も子供も犬そりに乗って見ることができます。ベテランのカユールという運転手はそりを扱うことを単なる術ではなく本物の秘跡であると考えているので、何年もの間自分のスキルを磨きます。しかし、初心者は良い「ドライバー」になることもできます。主な秘密は犬の信頼を得ることです。犬がドライバーの指示を聞くためには、大声で明瞭な声で命令を言わなければならないのです。

コーチの許可なしで犬い餌を与えてはいけません。

観光客がカユールの基本的なルールを習得すると、ツアーがスタートします。観光客は暖かい上着である伝統的なキュフリャンカを着て、そりに座り、風光明媚なコースの1つを選んで一人旅に出ることができます。コースがさまざまです。太平洋の海岸への道もあれば、火を燃やす火山の麓への道もあり、雪に覆われた森の中を走るルートや雄大なツンドラを走るルートもあります。想像してみてください:飛ぶように走っている強い犬がそりを力いっぱいで引いています。全力で前進!そして、あなたはこの力すべてを制御します。巨大な火山を眺めながら。カムチャッカ以外で体験できる場所は他にありますか?旅が終わったら、犬そり運転免許証ももらえるのです。記念撮影もします。しかし、最も重要なのは、犬と触れ合うことです。確かに、信じられないほどの強さと持久力にもかかわらず、そり犬は非常に愛情深く、そして彼らの魅力に抵抗することは単に非現実的です。

個人またはグループでの犬そりトレーニングを予約しておくのがお勧めします。例えば、シェマシキンさんの大家族によって開かれた「雪の犬」という犬小屋はいかがですか。この犬小屋では、アラスカのハスキーとシベリアンハスキー、マラミュート、サモエデとノルウェーのメティスなどそり犬のいくつかの品種を見ることができます。この犬小屋の犬も、人も全員有名なスポーツ選手ばかりですよ。主人のアンドレイ・シェマシキン、彼の妻のアナスタシア、そして彼らの子供たちはみんな何度も犬そりレース「ベリンギヤ」の勝者になりました。犬そりツアーは、長さ10〜40キロメートルで、プロのカユールという犬そり運転手が同行しており、平均2時間半か4時間かかります。きれいな景色を楽しんで、野生動物を見るチャンスもあります。子供(10歳以上)はそりに乗せることができますが、大人の同伴のみで可能です。途中で、乗客は皆「運転」を経験することができます。経験豊富な付き添い人が丁寧に指導してくれて、ヒントを教えてくれますから、簡単ですよ。心いっぱいで、公平な風を捕まえてください!


犬そりの構成

勝つ意欲

北のそりの犬は驚異的な耐久力を持っています:1日で100km以上走り、重い荷物を運び、-50℃の霜の中で眠り、長い間飢えに耐える事ができます。



カムチャツカ半島のそり犬の犬小屋

  • ペトロパブロフスク・カムチャツキー市にて「雪の犬」と「シベリアの牙」という犬小屋
  • ザオジョルヌイ村にて「白い牙」という犬小屋
  • ラズドリヌイ村にて「カイヌィラン」野営地
  • ニコラエブカ村にてコチャク民族「エイヴェト」野営地

Другие активности
ПОЛЕЗНАЯ ИНФОРМАЦИЯ Kamchatka Online